『記憶屋』

秋の空気に変わりつつありますが、

みなさまいかがお過ごしでしょうか。

コロナ新規感染者数が減り緊急事態宣言が解除されることとなり、

少しずつ日常を取り戻すことが出来ているでしょうか?

めげずに頑張りましょうね。

 

 

 

さて今回ご紹介する本はこちら↓

 

『記憶屋』織守 きょうや(著)

 

あらすじ

『大学生の遼一は、想いを寄せる先輩・杏子の夜道恐怖症を一緒に治そうとしていた。だが杏子は、忘れたい記憶を消してくれるという都市伝説の怪人「記憶屋」を探しに行き、トラウマと共に遼一のことも忘れてしまう。記憶屋など存在しないと思う遼一。しかし他にも不自然に記憶を失った人がいると知り、真相を探り始めるが…。記憶を消すことは悪なのか正義なのか?泣けるほど切ない、第22回日本ホラー小説大賞・読者賞受賞作。』

 

 

個人的おすすめレベル5段階中・・・☆☆☆

 

ホラーというと語弊があるような・・。

ミステリーですかね。映画化もされていたようです。

ちょっと切なさを残しつつ終わりを迎えますが、自分は泣けませんでした・・。

記憶を消すことによりトラウマを克服できるというのは、賛否両論あるでしょうが、

ひとつの選択肢としてありかなと思います。

嫌な記憶ってどれだけ嫌なのか、本人にしかわからないですもんね。

想像していたお話とは違いましたが、

物語として面白いし、考えさせられるお話しでした。

 

 

 

最近は読書する時間が増えたので、

他の作品もどんどんご紹介していきたいと思います!!

前の記事

資格取得支援