佐賀県山口祥義知事の心意気。

最近少しずつ寒さも和らぎ、

僕も寝る時に靴下を履かなくて済むようになってまいりました。

 

あともう少しすれば、仕事中の靴下2枚重ね+貼るカイロもしなくて済むようになるのでしょうか。

 

 

 

表題の佐賀県山口知事についてですが、

 

「感染症に対応する現場で頑張っている皆様に改めてエールを送りたい」

「いつも利用者などと接触があり、感染リスクも避けられないご負担の中で皆様は頑張っておられる。もう1回報いたい」

 

とお話しされたようで、

医師や看護師、薬剤師、介護・福祉施設の職員、保育士などに対し、1人あたり一律で6万円を支給するそうです!

約48億円の財源を投じて行うそうで、金額はもちろん有難いですがそれ以上に、

『ご利用者様の生活を守るために自分たちが訪問しなければ』という気持ちでコロナ禍でモチベーションを保っている我々のことを理解してくれているんだと、嬉しくなります。

 

佐賀県の介護職のみなさん、少し報われますよね。

兵庫県の知事さんは見習って欲しいものです。